政策提言

政策提言、出版物・ジャーナル

戸田平和研究所は創立以来、数多くの書籍、ジャーナル、政策提言を発行してきました。詳しくは下記をご覧ください。

次期米国大統領が北朝鮮に対して取りうる実際的アプローチ

Cooperative Security, Arms Control and Disarmament Peace and Security in Northeast Asia

次期米国大統領が北朝鮮に対して取りうる実際的アプローチ

政策提言  No.96 - 2020年10月

3年にわたり北朝鮮に対して一貫性のないアプローチを続けた揚げ句、トランプ政権は、核の脅威の低減や朝鮮半島における平和と安全保障の強化をほとんど進展させなかった。現在、北朝鮮は相変わらずウランを濃縮し、ミサイル攻撃力を高め、2018年に講じられた南北朝鮮融和策を覆している。次期米国大統領は、このような憂慮すべき状況に対処しなければならない。

Social Media, Technology and Peacebuilding

デジタル平和構築とピーステック の25領域

政策提言  No.93 - 2020年09月

本報告書は、テクノロジーが平和構築の目標に貢献できる25の領域を概説し、テクノロジーが平和構築に及ぼす影響の変遷に関する考え方を5つの世代に分けて説明する。デジタル平和構築は、民主主義的熟議、暴力防止、社会的結束、市民参加、人間の安全保障の向上、より幅広いデジタルシチズンシップと「善のための技術」の領域拡大に貢献する。

テクノロジー、軍備管理および世界秩序:根本的な変化が必要だ

政策提言  No.89 - 2020年09月

われわれの世界は、サイバー戦争、自律型兵器システム、人工知能の広範な軍事利用、遺伝学および人間の心身の改造の分野における新たな可能性、ならびに、破壊のテクノロジーへのより広範なアクセスを特徴とする、根本的な軍事技術革命の瀬戸際にある。

Cooperative Security, Arms Control and Disarmament

軍備管理と世界秩序

政策提言  No.87 - 2020年08月

世界は流動的な状態にあり、協調行動の選択肢はほとんどない。軍事分野では、各国は冷戦時代さながらの旧式で一方的な安全保障政策に立ち戻っている。しかし、一つの、何よりも重要な共通の関心事が存在する。核戦争の回避である。そのためには安定化措置がきわめて重要である。予測不能な未来を前に大国同士が覇権と影響力を争うような激動の世界において、協調的安全保障政策、軍備管理、軍備縮小が進むとすれば、その先行きはどのようなものになるのだろうか?

Cooperative Security, Arms Control and Disarmament Contemporary Peace Research and Practice

核兵器が爆発したら、集中治療病床が何床必要か? トム・サウワー/ラメッシュ・タクール

政策提言  No.75 - 2020年05月

2019年の暮れ、中国・武漢で新型コロナウイルスが出現した。中国の封じ込め努力もむなしく、やがてウイルスは世界中に広がった。各国は、最悪のシナリオが現実になれば、医療崩壊が起こる恐れがあることに気付いた。