協調的安全保障、
軍備管理と軍縮
ソーシャルメディア、
テクノロジーと平和構築
気候変動と紛争 北東アジアの
平和と安全保障
現代平和研究と実践 先端技術、安全保障と平和

協調的安全保障、軍備管理と軍縮

「協調的安全保障、軍備管理と軍縮」プログラムは、協調的安全保障の規範と実践を推進し、国際的な安全保障問題に対する相互に有益な解決策を探求することを目的としています。

安全保障への経済的・環境的・軍事的および政治的脅威は相互に関連しており、この問題は各国家のみでは十分に対応することができません。そのため、国家・地域また世界規模の課題について、地域や世界全体による効果的な対応策を開発することが不可欠です。

本プログラムの内容:

  • 21世紀の脅威に対する共通の協調的安全保障の原則に関する研究
  • 21世紀における安全保障のジレンマに対する協調的安全保障アプローチの有用性を研究するため、アジア・欧州・北米の防衛および安全保障専門家との会議の開催

核兵器の近代化と増加は危険で高コストの軍拡競争を刺激し、核のリスクと危険を高めています。戸田平和研究所は、軍拡競争を終結させ、地域および世界の安全保障メカニズムを始動または復活させ、関係各国にとってお互いに有益となる解決策を見いだすことを目指します。世界の平和研究所と協力関係にある戸田平和研究所は、核弾頭を搭載した新たな巡行ミサイルや不安定化を招くその他のテクノロジーの問題に対処するため、政策立案者・専門家らと中距離核戦力全廃条約(INF)の完全性を守るために何をすべきかについて対話を重ねています。

関連政策提言およびイベント

戸田平和研究所の政策提言

研究所は、最新の分析、発刊物、イベントについてのニュースレターやお知らせを配信しています。
世界各地で行っている研究活動をご覧ください。

ニュースレター配信登録