ニュース・お知らせ

第1回「市民平和セミナー」開催のお知らせ

2022年03月29日 - ニュース

テーマ「平和的手段による平和 : 侵略的暴力に対する創造的、非暴力の挑戦」 “Peace by Peaceful Means: Dealing with Aggression Creatively and Non-violently” 戸田記念国際平和研究所では、非暴力による持続可能で平和な世界の構築を目指し、国内外の研究者・専門家とネットワークを結び、世界や北東アジアの安全保障、ソーシャルメディアや気候変動、先端技術と平和の問題など幅広い分野にわたり研究を進めています。このたび、こうした平和研究事業の内容をご紹介するとともに、より広範な市民レベルでの平和創出へ向けて、一般市民・学生の皆様を対象にオンラインによる「市民平和セミナー」を開催してまいります。多くの皆様のご参加をお待ちしております。 第1回テーマ 「平和的手段による平和 : 侵略的暴力に対する創造的、非暴力の挑戦」 【講師】ケビン・クレメンツ博士(戸田記念国際平和研究所所長) 【日時】2022年4月23日(土)午後2時開会(午後3時半終了予定) 【場所】オンライン(Zoomウェビナー) 【主催】戸田記念国際平和研究所 【講演言語】英語(日本語で同時通訳します) 【参加方法】事前登録制(先着500名、参加費無料) 先着の500名に達したため、参加のご登録は締め切らせていただきました。 セミナーの模様は、後日当ホームページに動画を掲載いたします。 セミナーのフライヤーはこちら

核兵器禁止条約に関する書籍を出版

2022年02月02日 - ニュース

 戸田平和研究所の新刊「The Nuclear Ban Treaty: A Transformational Reframing of the Global Nuclear Order」がルートレッジ社から出版されました。  本書には核兵器禁止条約による核秩序の規範的再構築について説明、議論、評価した論文が集められており、当研究所のラメッシュ・タクール上級研究員が編集しました。核禁条約の発端と交渉の歴史、そして条約の背景にある人道的イニシアチブ、および今後、世界の核秩序の規範的枠組みがたどる軌跡とその形について知ることのできる一冊となっています。  世界の著名な学者、政策立案者、シンクタンク研究員、外交官がこれまでに本ウエブサイトで発表した「政策提言」や「グローバル・アウトルック」記事33編と共に、ラメッシュ・タクール氏による序文と結論が収められています。  戸田平和研究所のケビン・クレメンツ所長は、本書が時宜を得た出版となったことについて「2022年には核兵器禁止条約の第1回締約国会議が開催される予定です。世界で核兵器の実存的脅威が続いている中、本書の出版は現在の地政学的環境を鑑みた時に、これ以上ないほど重要です」と述べました。  本書は、核兵器禁止条約を知るための重要な手引書であり、核軍縮、軍備管理、外交を学ぶ学生やその分野の政策立案者にとって有用な一書となるでしょう。  本書はハードカバー、ペーパーバックまたは電子書籍で、ルートレッジ社のホームページから注文することができます。

リサ・シャーク教授 新任のお知らせ

2022年01月28日 - ニュース

当研究所の「ソーシャルメディア、テクノロジーと平和構築」分野を担当する上級研究員であり著名な平和学者・実践者であるリサ・シャーク教授が、米国のノートルダム大学クロック国際平和研究所に平和実践研究の「リチャード・G・スターマン シニア・プロフェッサー(教授)」に就任しました。 詳細については以下のリンクからご確認ください。(英語) https://kroc.nd.edu/news-events/news/lisa-schirch-joins-kroc-institute-as-starmann-chair-in-peace-studies/

当研究所のYouTubeチャンネルがオープン

2021年09月10日 - ニュース

Image: Flickr/Esther Vargas  戸田記念国際平和研究所は、より幅広い方々に研究所の研究に触れてもらえるよう、新しくYouTubeチャンネルをオープンしました。  各研究テーマの専門家を招聘し討論を録画・公開するシリーズ「パブリック・カンバセーション」が研究所のチャンネルにアップされています。第1回目のパブリック・カンバセーションは、研究事業のひとつである北東アジアの平和と安全保障、そして信頼醸成についてです。  バリー・ブザン、エブリン・ゴーの2氏をゲストに迎え、進行はクレメンツ所長とヒュー・マイアル上級研究員が行いました。  当研究所所長ケビン・クレメンツは、以下のようにコメントしています。 「当研究所は、幸いにも、北東アジアの平和と信頼醸成の分野において、多くの主要な研究者と協働してきました。この度、カンバセーションの参加に賛同し、彼らの智慧を共有していただけたことは、とても名誉なことです」 「今回のカンバセーションが広く共有され、視聴されることを望みます。例えば、教室で、そして、北東アジアの安定的平和への行動計画を議論している政策立案者などです」  すでに6本のパブリック・カンバセーションがYouTubeチャンネルにアップされています。これらの啓発的な議論をぜひご覧ください。そして、シェア、チャンネル登録していただければ幸いです。 Overcoming Shino-Japanese alienation  バリー・ブザン/エブリン・ゴー Prospects for Peace on the Korean Peninsula  文正仁/ピーター・ヘイズ US Policy towards North Korea ジョセフ・ユン/フランク・オウム Backsliding: The subversion of democracies in 21st century ステファン・ハガード/ロバート・カウフマン China and World Order in the 21st Century トン・ジャオ On ‘On Tyranny’ ティモシー・スナイダー/ノラ・クリュッグ 

オンライン・シンポジウム「先端技術兵器の規制を考える2―科学史が提供する視点」を開催

2021年07月27日 - ニュース

 7月21日午後7時から、戸田記念国際平和研究所が主催し、「安全保障と先端技術プラットフォーム(PSET)」の共催による、オンライン・シンポジウム「先端技術兵器の規制を考える2―科学史が提供する視点―」が開催されました。  科学技術の発展は、兵器の能力の飛躍的な向上を可能にし、国家の安全保障にも多大な影響を与えてきました。一方で、軍民両用(デュアル・ユース)技術の重要性も指摘されており、軍事技術への規制は民生技術の活用にも影響を与えることが懸念されています。先端技術のもたらしうる影響を完全に予測することが困難な状況で、どのように規制を展望することができるのでしょうか。こうした問題意識から、近年関心を集めている自律型致死兵器システム(LAWS)の問題を取り上げ、科学史の提供する知見から何が学べるかについて、コメンテーターに科学者と技術者を交え現在の科学や先端技術と照らし合わせながら議論を行いました。  米ペンシルベニア大学大学院博士課程で科学技術史を専攻するピースボートの畠山澄子氏は、科学は社会から中立ではあり得ないという「科学の社会性」に言及し、「複雑性」と「不確実性」を有する問題に取り組むために、科学技術の知識や技術の形成、循環、応用、使用というプロセスに目を向ける必要があることを指摘しました。そして高度な科学技術が孕む高い不確実性の中で「謙虚」であること(technologies of humility)という考え方に触れ、リスク社会において科学者がどのような責任を果たせるかについて述べました。  広島大学教授で日本パグウォッシュ会議代表の稲垣知宏氏は、宇宙物理学、生命科学、情報科学を事例としつつ科学における「知」がどのように発展してきたかについて述べ、今日の研究の現場は複数の研究機関や企業がネットワークを構成していることを指摘。そうした環境下で科学者ができること、また「科学が答えを出さない」問題に関する科学者の役割について述べました。  明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所)軍民両用・融合技術研究ユニット代表の平田知義氏は、軍事革命を引き起こしたとされる核兵器とAI兵器を比較しつつ、両者の単純な比較がもたらす問題点を指摘。先端技術兵器に関わる軍事技術は必ずしも「最先端」なものではなく、今日では民生技術は様々に軍事転用されている事実があることから、兵器の規制に関する議論においても技術を理解し問題の本質を多角的に捉える必要性と先端技術兵器に関する問題提起や規制に向けた議論に市民技術者(ホワイトハッカー)を参加させることの有効性と重要性について述べました。  モデレーターを務めた戸田記念国際平和研究所の河合公明主任研究員は、「先端技術兵器の規制を考える」とのテーマに関わる、科学技術コミュニティー、軍事・安全保障政策コミュニティー、一般社会という三つのステークホルダーの役割に言及。二つのコミュニティーの「専門知」と多様な価値観からなる一般社会の「現場知」が相互に補完し合うことが、不確実性を有する課題への取り組みの基礎となると述べました。  登壇者の発表資料とシンポジウムの模様は、以下のリンクからご覧いただけます。 畠山氏資料(PDF) 稲垣氏資料(PDF) 平田氏資料(PDF) シンポジウムの動画を見る(YouTube) *本映像は、ウェブ公開用に一部編集したものです。