ケビン・クレメンツ スベレ・ルードガルド ラメッシュ・タクール リサ・シャーク フォルカー・ベーゲ ヒュー・マイアル チャイワット・サーシャ=アナンド 河合 公明

スベレ・ルードガルド

上級研究員

スベレ・ルードガルド

専門分野

  • 協調的安全保障、軍備管理と軍縮

スベレ・ルードガルド博士は、戸田記念国際平和研究所の「協調的安全保障、軍備管理と軍縮」を担当する上級研究員である。1997年から2007年までノルウェー国際問題研究所(NUPI)の所長、現在は同研究所(NUPI)の上級研究員を務めている。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の欧州安全保障・軍縮研究部長、オスロ国際平和研究所(PRIO)所長、ジュネーブにある国連軍縮研究所(UNIDIR)所長を歴任した。

ルードガルド博士は核軍縮と不拡散、欧州安全保障、中東の専門家であり、これまでにパグウォッシュ会議評議員、国連事務総長軍縮諮問委員会委員、ノルウェー政府の軍備管理・軍縮問題諮問会議委員、軍備管理・軍縮会議に関する国際会議へのノルウェー代表団の顧問を務めた。博士はまた、「Security Dialogue」誌および「Journal of Peace Research」誌の編集長を務めた。

ルードガルド博士の最近の著作には、「Stable Nuclear Zero: The Vision and Its Implications for Disarmament Policy (安定した核ゼロ:軍縮政策のためのビジョンと影響-邦題仮訳)」(Routledge, 2017)、「External Powers and the Arab Spring (外部の大国とアラブの春―邦題仮訳)」(Scandinavian Academic Press, 2016)、「Dialogue and Conflict Resolution: Potential and Limits(対話と紛争解決:可能性と限界-邦題仮訳)」 (Routledge, 2015)がある。

学歴:

オスロ大学 政治学マジスター学位(博士号に相当)取得