ケビン・クレメンツ スベレ・ルードガルド ラメッシュ・タクール リサ・シャーク フォルカー・ベーゲ ヒュー・マイアル チャイワット・サーシャ=アナンド 河合 公明

ヒュー・マイアル

上級研究員

ヒュー・マイアル

専門分野

  • 紛争解決、軍備管理と軍縮

戸田記念国際平和研究所の上級研究員であるヒュー・マイアルは、英国・ケント大学国際関係学部の名誉教授であり、同国の紛争研究学会の議長を務めている。オックスフォード研究グループの研究ディレクター、リチャードソン紛争平和研究所所長、王立国際問題研究所の研究員(欧州プログラム)、ケント大学国際関係学部教授・政治国際関係学部長、ケント大学紛争分析研究センター所長を歴任した。専門研究分野は、紛争研究および紛争解決。マイアル教授の最近の著作には、「Contemporary Conflict Resolution(邦題『現代世界の紛争解決学』明石書店、2009)」、「Emergent Conflict and Peaceful Change(差し迫る紛争と平和的変化―邦題仮訳)」、「The Peacemakers(平和を作る人たち―邦題仮訳)」、「Shaping the New Europe(新しい欧州の形成―邦題仮訳)」、「Redefining Europe: New Patterns of Conflict and Cooperation(欧州を再定義する:紛争と協力の新しい様式-邦題仮訳)」、「Minority Rights in Europe(欧州における少数派の権利-邦題仮訳)」、「Beyond Deterrence(抑止を超えて―邦題仮訳)」、「Nuclear Weapons: Who’s in Charge?(核兵器:誰が責任を負っているのか―邦題仮訳)」、「The UN, Religion and NGOs(国連、宗教、そしてNGO-邦題仮訳)」、「Energy Efficient Futures: Opening the Solar Option(高エネルギー効率な未来:太陽エネルギーという選択肢-邦題仮訳)」がある。マイアル教授は調停者としての技能を備え、平和構築に関する研究会議の共同議長を務めてきた。

学歴:

オックスフォード大学 学士(近代史)、ランカスター大学 博士(平和・紛争研究学)